人身売買と現代の奴隷制立法

ソリューション

 

現在および今後策定される規制、ガイドライン、業界基準の綿密なモニタリングに基づいたiPointの奴隷労働および人身売買対策ソフトウェアとサービスは、お客様のリスク管理とデューデリジェンスプロセスにおける重要な局面をサポートします。以下に、その一例を示します。

 

  • 人権の分野において急速に変化していく国際的な規制環境を継続的にモニタリングし、お客様の企業とサプライチェーンに及ぼす影響を評価

  • 国連のビジネスと人権に関する指導原則(国連指導原則、2011年)などの主要な基準とガイドラインに、お客様の社内プロセスを適合

  • 奴隷労働および人身売買対策ポリシーの取り組みを明確化し、信頼性のある一貫したデューデリジェンスプロセス、影響評価、コンプライアンス体制を通じて実践

  • 既存のコンプライアンスプログラムを改善し、現在および将来の奴隷労働および人身売買対策規制に対応

  • 規制上の要件および企業固有の要件に従い、関連する情報を収集、分析、管理、報告

  • サプライヤの調査、追跡調査、データ品質チェックを実施し、対応状況報告を提供。この報告をもとに、お客様の会社とサプライチェーンにおいて人権に関するリスクの高い分野を特定、評価し、優先順位を付けます

  • サプライヤの対応を裏付ける書類を回収して、対応を見直し

  • 人権に関するあらゆる情報についての企業報告書を作成

  • 是正措置管理

状況

 

米国のカリフォルニア州サプライチェーン透明法(2010年)、EUの非財務情報報告に関する指令(2014年)、英国の現代奴隷法(2015年)などの新たな規制の制定により、企業とサプライチェーンにとっての大きな経済的リスクおよび評判リスクとして、人権問題が注目を集めています。

 

こうした規制は企業に対して、人身売買、奴隷労働、児童労働など、自社の業務とサプライチェーンにおけるさまざまな人権侵害に対処し、根絶するための取り組みを求めています。こうした一連の新たな規制を順守するためには、企業はデューデリジェンスプロセスを改善し、人権に関する問題およびリスクの特定と対応に関わる透明性を高めてゆく必要があります。

課題

 

企業とサプライチェーン全体で人権侵害に関わるリスクを特定し、評価し、緩和することは、製造会社にとって大きな難題です。これは、関係する企業内外の組織が複雑に絡み合っているためです。

 

さらに、リスク管理の取り組みを推進する上で、多くの企業が無計画に大きくなったシステムに依存しています。こうした企業は、さまざまな地域、企業内の各部門、数え切れないほどのサプライヤと下請サプライヤに散在している手作業での手続き、スプレッドシート、監査・認証プロセスを組み合わせて利用しているのです。

 

企業が独自のシステム、ツール、手法を利用することにより、非効率的で、信頼性の低い、煩雑なプロセスになってしまった場合、人権に関するリスクの状況と範囲について一貫した信頼性のある、企業として統一した見解を打ち出し、さまざまな活動とリスク指標を継続的に監視することは、きわめて困難であると言えます。

メリット

  • 持続可能で責任ある企業としてのブランドの評判の保護、向上、強化

  • より高い倫理基準を求める消費者に訴求することで顧客基盤の保護と拡大を実現

  • 透明性と説明責任の向上により、投資家からの信頼が高まる

  • より責任ある、安定した、革新的なサプライチェーンの展開

メリット

  • 自社が行う人権関連活動のリスクと影響に対する戦略的理解が深まる

  • 倫理的に事業を展開するパートナーとのビジネスチャンスの拡大

  • リスク管理の強化、リスク特定の向上、および社会的成果、環境パフォーマンス、財務実績それぞれの長期目標の達成

特徴・機能

  • リスク要因の特定と管理

  • バリューチェーン全体にわたって人権侵害を追跡

  • 高度に自動化された情報収集、分析、蓄積

  • サプライヤ申告書を容易に作成

  • 管理報告書を容易に閲覧

Get in touch
Sales Japan

iPoint Japan Co Ltd

info-japan(at)ipoint-systems.com

Phone +81 3 4580 1273

Trusted by companies of any size, in every industry, including