CSR – 企業の社会的責任

状況

 

国際的な大規模企業では既に毎年自主的に実施しているケースも多く見受けられますが、2017年より、EU内の推定6,000社に対し、CSR報告が義務づけられることになります。対象となるのは従業員500人を超える「社会的影響度の高い事業体」で、保険会社や銀行のみでなく、上場企業も含まれます。

課題

持続可能な製品についてのガイドラインとなるのが、GRI G4や、ドイツのサステナビリティコード(DNK)にもとづいた「サステナビリティコード」等のEU推奨の報告フレームワークです。企業は社内と価値創造ネットワークの両方から、しかるべきデータを収集、評価し、まとめて報告する必要があります。

ソリューション

iPointでは、GRI G4やDNKなどの要件、ガイドライン、コードに準拠した、CSR対象製品に関連するコンプライアンス・サステナビリティ情報の収集・解析・集成・報告をサポートしています。

Get in touch
Sales Japan

iPoint Japan Co Ltd

info-japan(at)ipoint-systems.com

Phone +81 3 4580 1273

Trusted by companies of any size, in every industry, including