DfE – 環境配慮設計

ソリューション

iPoint の統合ソリューションなら、設計技師とエンジニアは慣れ親しんだアプリケーション環境から関連するコンプライアンスデータおよび持続可能性データにアクセスし、それらを利用することができます。

iPoint の統合インターフェースを通じて、コンポーネントと原材料、物質と混合物、危険物や毒物、環境有害性、使用およびリサイクルに関するデータと情報が、社内プロセス、生産段階のみならず、サプライネットワーク全体から集約されます。

状況

DfE とは、環境に優しい製品設計を実現する技術の総称です。目指すのは、高い費用効率を保ちつつ、ライフサイクル全体を通じて環境への悪影響を低減した持続可能な製品です。

製品の総コストの約80%は、コンセプトおよび設計の段階ですでに決定しています。これは持続可能性にも当てはまります。製品の持続可能性の80%は、生産開始前にすでに決まっているのです。
 
つまり製品が環境に与える影響は、設計段階で十分な情報に基づく決定(インフォームド・ディシジョン)を行うことで低減可能なのです。

課題

インフォームド・ディシジョンを行うためには、製品ライフサイクルの全段階における持続可能性とコンプライアンスのデータおよび目標を、設計の初期段階で考慮する必要があります。これには物質データから使用段階、リサイクルコンセプトまでが含まれます。こうしたデータを集約し、利用可能な状態にしなければならないのです。

メリット

  • 自動集約された製品データへの統合アクセス

特徴

  • 関連製品のコンプライアンスと持続可能性に関する情報を前倒しで入手できる可能性

機能

  • 標準化されたメソッドと手順で環境に優しいデザインを実現

  • 持続可能な製品と循環型経済プログラムの実現

Get in touch
Sales Japan

iPoint Japan Co Ltd

info-japan(at)ipoint-systems.com

Phone +81 3 4580 1273

Trusted by companies of any size, in every industry, including