RRR – 自動車の再利用、リサイクル、再生

ソリューション

iPoint のRRR ソリューションは、必要な情報の収集とさまざまなリサイクルプロセスのシミュレートをサポートし、指定された再利用・リサイクル率を実現。さらに、RRR コンプライアンス要件にかかわる詳細な原材料情報を識別してくれます。

iPoint のRRRソリューションを使用すれば、実際の試作品を分解する必要がなくなります。さまざまなプロセスをシミュレートすることで、前処理、分解、粉砕工程の明確化と、全プロセスにおける原材料フローの文書化を徹底的にサポートします。自動車産業向けのISO 22628 と中国版ELV(GB/T 30512-2014)に従い、RRR のノルマを計算することもできます。

さらに、iPoint RRR ソリューションをDfE(環境配慮設計)やLCA(ライフサイクルアセスメント)など他のiPoint ソリューションに拡張することも可能です。

状況

欧州の再利用、リサイクル、再生(RRR) 指令2005/64/EC は欧州ELV 指令2000/53/EC に準拠しており、自動車の車両型式認定の管理および技術規程を定めています。この指令の目的は、規定の下限パーセンテージを満たす形で自動車の構成部品および原材料を再利用、リサイクル、再生させることです。

特に求められているのが、サプライヤから受け取ったすべての情報を管理できるよう、十分な段取りと手順を確立することです。車両型式認定は、指令の定める再利用、リサイクル、再生可能性要件を満たす車両タイプにのみ与えられます。

課題

RRR 指令の順守は、自動車のOEM メーカーとサプライヤに高額の人件費負担を強いることとなります。サプライヤは原材料表の作成だけでなく、自社規則の対象となるホイールなどのパーツの明確化もしなければなりません。さらに、リサイクルする前に取り外して再利用可能なパーツを検討することを義務づける規則もあります。

特徴

  • 社内外システムの統合(PDM、CAD など)

  • 原材料フローを完全にシミュレーションしたRRR 計算

機能

  • ISO 22628 に準拠したRRR ノルマの計算と、柔軟性の高い報告オプション

  • 前処理、分解、粉砕の明確化を完全サポート

メリット

  • 試作品の分解が不要

  • 仮想製品設計プロセスへの統合

  • SDS とサプライチェーンの取り組みの確認

Get in touch
Sales Japan

iPoint Japan Co Ltd

info-japan(at)ipoint-systems.com

Phone +81 3 4580 1273

Trusted by companies of any size, in every industry, including