ELV – End-of-Life Vehicles (IMDS, CAMDS)

状況

使用済み自動車(ELV)に関する現行の国際的法規制およびガイドラインでは、特定の原材料(重金属など)の使用が禁止されています。しかし、モデルごとに約1万個ものコンポーネントが組み込まれていることを考えると、自動車製造業者とサプライヤが使用している材料をすべてリストアップすることは容易ではありません。

課題

法的要件順守を目指し自動車製造業者が開発したのが、国際材料データシステム(IMDS)です。自動車の製造プロセスにかかわるすべてのサプライヤは、材料データをこのシステムに送信するよう求められています。データが正確で完全なものであることを保証することも責務の一環です。主に手動で行われるこのプロセスは、費用も時間もかかり、間違いも起こりがちです。

 

OEM メーカーによっては追加のポータルもあり、ここでもデータが必要となります(PSA など)。また、対応要請が増えているCAMDS システムの存在も無視できません。これが、価値ネットワークに重くのしかかっているのです。

ソリューション

ELV 向けのiPoint コンプライアンスソリューションはELV プロセスの設定、自動化に理想的なツールであり、コストの大幅削減に貢献してくれます。

メリット

  • 製品関連規制および顧客コンプライアンス(ELV、REACH、FORD RSMS、GMW 3059 など)

  • 効率と品質の改善

機能

  • ビジネスプロセス管理の一本化

  • 既存IT 環境への統合

特徴

  • 規制変更の自動更新

  • データ収集、統合、処理

Get in touch
Sales Japan

iPoint Japan Co Ltd

info-japan(at)ipoint-systems.com

Phone +81 3 4580 1273

Trusted by companies of any size, in every industry, including